四季工房、光とそよ風の家

「光の取り入れ方」「風の入り方」を考え、自然を活用した心地良い暮らしが実現できる家。
他にも空間を有効活用できる「クレビス」や、後々の暮らしの中で、メンテナンス費用がかかりにくい家づくりにすることで負担を軽減出来ます。お客様のこだわりを、間取りに取り入れながらも、自然と共に暮らす家、それが「光とそよ風」の家です。

光と風が抜ける空間がテーマのこの住宅は、縦に抜ける吹抜け空間が建物のダイナミックさを演出している。この縦空間を軸に、各階の居室が配されており、居室全体に風が抜けるようになっている。高機能な断熱性能により、暖かい空気が家屋全体に循環するプランとなっている。また、建物のデッドスペースである基礎ピット、1階天井裏、小屋裏という部分を居室に取り込む工夫がされており、リビングの50cmの段差はキッチンとリビングが一つの空間でありながら、段差により空間を間仕切る効果をだしている。基礎立ち上がりの部分を工夫している。随所に、細かい工夫と機能性を持たせた居室づくりは主婦目線の建物といえる。